令和2年8月1日 13:00~

北九公園墓地内にて お盆法要を行います

  北九公園墓地内法要室 宗教法人天聖寺

 

令和2年8月1日 13:45~

 北九合掌さくら霊園にて お盆法要を行います 

  北九合掌さくら霊園 合同供養塔前 宗教法人天聖寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上の写真は昨年の様子です)

 

コロナウィルスの感染拡大防止の措置で、イベントや催し物などの中止や延期がまだまだ続く中、当霊園におきましては例年通りお盆法要は実施の運びとなりました。

参加希望の皆さまには各自体調の管理及びマスク着用などにご配慮いただき、無理のない範囲でのご参加を、お願い申し上げます。

参加につきましては事前の予約は必要ありません。

 

 

■樹木葬とは

近年、日本でも注目されているお墓として樹木葬があります。

メディアでも見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

樹木葬は、お墓に納骨する従来の埋葬方法とは異なり、墓石の代わりに霊園墓地の中にある樹木や花などといった植物を目印にしてその下に遺骨を埋葬するお墓のことを指します。

いわゆる自然葬の一つといわれており、自然に還ることができるとして注目されているのです。

樹木葬使われている植物は、桜やハナミズキ、紅葉などをシンボルツリーとして使われることが多いです。

とはいえ樹木葬にはいろいろなスタイルのものがあります。

・ガーデニング型

霊園や納骨堂の中の植物に囲まれた場所に遺骨を埋葬する形式です。

・都市型・公園型

樹木の周りに遺骨を埋葬する方法です。

都市型・公園型の場合、1人に対して1本の樹木を植える個別墓と1本の樹木を植えた区画に複数の方の遺骨を埋葬する合葬墓があります。

1人に1本の形式は、それだけスペースが余分に必要なときもあり、これを行っている墓地や霊園はまだ少ないです。

・里山型

都市部から離れた山林などの里山で埋葬する形式です。

自然に還ることができる形で行える樹木葬となっています。

また、最近では、ペットと一緒に入ることができるお墓もあります。

 

■樹木葬の歴史

樹木葬は日本ではまだ歴史の浅い埋葬方法です。

1999年岩手県一関市にある大慈山祥雲寺(現在は長倉山知勝院)により、栗駒山山麓に初めて造られた里山型の樹木葬です。

遺骨のそばに低木を植樹して里山の緑化再生を兼ねて行われていました。

また、2006年は横浜市に市営墓地メモリアルグリーンという場所に初めて公営霊園で誕生します。

 

■樹木葬の費用

九州の福岡県内にも樹木葬が可能な霊園はいくつかあります。

福岡県内で樹木葬にかかる費用はおよそ30万~130万円と幅広いです。

これはこれまで紹介してきたスタイルなどによって値段はまちまちです。

 

■樹木葬メリット

一般的な墓石を使ったお墓は代々継承していくものですが、樹木葬は墓石のように墓地を継承する必要がありません。

そのため、永代供養と同様の考え方で、霊園や墓地が管理してくれるので安心です。

近年は少子高齢化かつ単身者の方も増加傾向にあるため、お墓の承継者がいないという世帯もたくさんあります。

承継者がいらないといった面ではとても大きなメリットとなるでしょう。

寺院にお墓を建てる際は、各寺院の宗派の檀家に入らなければなりません。

しかし樹木葬には宗派などの考えがありませんので、宗教的な制約などが必要なく気軽に建てられるというメリットも挙げられます。

また、通常の墓石のお墓に比べて費用が安いのもメリットの一つです。

墓石は250万円ほどの費用がかかりますが、先にもご紹介した通り福岡では30万円~130万円ほどで済ませることができます。

予算面から考えて樹木葬を選ばれる方も少なくありません。

そして、何よりも樹木葬を行う大きな意義は、自然にそのまま還ることができるという自然志向の方に合致するという点ではないでしょうか。

ほとんどの樹木葬は、遺骨を土にそのまま還す形ですので行われるため、自然志向の方にぴったりのお墓です。

もともと行われていた里山型も大地に還るという外国からの自然志向の考え方から誕生した樹木葬です。

コスト面でも、さらに形式としてもエコな方法で行えるのがまさにこの樹木葬のメリットなのです。


九州で樹木葬するならおこつ.netまで

自然豊かな九州で樹木葬をご検討している方はいらっしゃいませんか。

おこつ.netでは、459,000円~(税別)で樹木葬を行うことができます。

現地見学会も無料で行っております。まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の樹木葬の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■最近のお墓事情

現代は核家族化、少子化、非婚化などからお墓の維持や管理、法事など先祖や故人を供養することが難しくなりました。

学校の進学や就職などで地元を離れた後は、その地で生活の基盤を築いてしまうと、地元とは疎遠になる場合もあります。

そうなると、なかなか墓参りに帰省するのは難しいものです。

両親が元気な場合は良いのですが、両親が亡くなるとお墓を守ってくれる人がいなくなり、悩んでいる人は多いです。

昔のように、先祖代々のお墓を受け継ぎ、守ることが困難になってきているのです。

そのため、供養の方法も変わってきており、昔ながらの墓石を墓標とせずに、納骨堂や樹木葬、手元供養に関心が高くなってきています。

このようなことは都心だけの問題ではありません。

地方都市も同じです。

たとえば九州では、多くの人が進学や就職などで福岡に移転することが多いです。

商業都市として重要なため、東京や大阪などの企業も福岡を重要視しており、転勤してくる人も大勢います。

また、九州は自然豊かな土地なので、自然葬ともいわれる樹木葬に適した霊園や寺院が数多くあります。

 

■樹木葬の仕方は決まっていない

お墓の管理や維持は難しいけれども、供養はしたいと考える人は大勢います。

その中で自然回帰に関心がある人が選ぶ供養として樹木葬があります。

樹木葬は墓石を墓標とせずに、樹木を墓標とするのです。

この樹木をシンボルツリーとしてその周りに遺骨を埋葬します。

比較的新しい供養の形のため各霊園や寺院によって違いがあり、確認が必要です。

シンボルツリーは桜やハナミズキなどがあります。

1つの区間に1本の樹木を植え遺骨を納骨する場合と1本の樹木の周りに複数の遺骨を納骨する場合が挙げられます。

また、樹木を植えるタイミングもさまざまで、納骨をした後に植える、すでに植えてある樹木の周りに納骨するなどがあるのです。

植えている場所も、きれいに整備された公園内の場合や自然豊かな里山などいろいろです。

納骨方法は、遺骨をそのまま納骨する方法、自然に還りやすい素材でできたもので包む、または骨壺に納めて埋めるなど違いがあります。

 

■樹木葬を選ぶときの注意点

樹木葬は永代供養の場合が多いです。

そのためお墓の継承問題がないことから、子どもに負担をかけたくない夫婦や子どもがいない夫婦や独身者などに人気があります。

しかし、樹木葬は一般的でないため、親族の理解が必要です。

たとえば、親族の反対で遺骨をほかの場所に移動したいとしても、取り出せない場合があります。

また、墓石と違い樹木は日々成長し続けています。

樹木の成長とともに故人が亡くなった月日を偲ぶこともできますが、思わぬ自然災害で枯れることや形状が変わることもあります。

自然の景観を重視していることから、交通のアクセスが悪い場所に施設があることもあるのです。

このほかにも、防火や小動物の侵入のため、ロウソクや線香、お供え物ができないこともあります。

施設によっては、線香やお供え物を置くことができる祭壇があることもあります。

施設を選ぶ際には、カタログや現地に赴き確認し納得してから選ぶようにすることが重要です。

 

■樹木葬の将来性

昔と違い、家の宗教にこだわりがないという人は大勢います。

また、お墓を建てる費用が経済的に難しい人、自分の死後に迷惑をかけたくないと永代供養を望む人も多くいます。

そのような人の中で、遺骨が自然に還ることを望む人が多くなれば、樹木葬が一般的な埋葬となるでしょう。

今はまだ、樹木葬の知名度は低いですが、環境に優しく、地球に負担をかけないとして海外でも注目され、選ばれています。

昔のようにお墓を建てて継承していくということはなくなるかもしれません。

そう考えると、日本も樹木葬が一般的な埋葬方法となるでしょう。


納得いく供養をするためには、現地見学をお勧めします。

おこつ.netでは、霊園の現地見学を無料で行っています。

樹木葬のメリット・デメリットを実際にご確認していただき、納得のいく供養方法をお選びいただくことをお勧めいたします。

お問い合わせは、お電話はもちろん、WEBからでも可能でございます。

お気軽にお問い合わせください。

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の樹木葬の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■海洋散骨が増えてきた

納骨の方法でいえば、お墓に納めるというのが一般的な方法になります。

九州地方の場合は古くからの慣習を重んじる土地柄ですので、お墓に納めるのが当たり前になっています。

しかし、納骨に対する考え方がまちまちであり、中には海洋散骨という形を採る人も増えてきました。

ここでは、九州の海に散骨をするために専門の業者への依頼の仕方や海洋散骨を行う際の注意点などについて解説していきます。

 

■海洋散骨はどういう人に向いているのか?

海洋散骨とは、沖合の海に行って故人の遺灰や遺骨を海に撒く方法のことをいいます。

死生観の変化などにより、お墓に納めるという納骨方法だけでなく、自然に還るという意味を持つ海洋散骨や樹木葬などの納骨方法も受け入れられています。

・生前から希望する人

特に海が好きな故人であれば、海に散骨することに対して喜びを感じる可能性があるでしょう。

遺書などで故人の希望があるならば、それを叶えてあげたいと思うのは当然のことです。

・お墓を購入したくない人

お墓を購入するならば、お墓そのものの建立費用や墓地の使用料、お墓の設置費用などで、合計して150万円ぐらいかかるといわれています。

お墓を新設するのにお金を使いたくないのであれば、海で散骨を行うことで、費用の削減をすることが可能です。

お金をかけることができない人にとって、海洋散骨はふさわしい方法になります。

・お墓以外でしっかりと供養がしたい人

お墓で供養するという形よりも、自然に還すという形でしっかりと供養したいと思っている人もいるのは確かです。

お墓を建てるならば、それをしっかりと管理していかないといけませんが、そういうのが煩わしいと感じることがあります。

海洋散骨であれば、お墓のようにずっと管理する手間を省くことが可能です。

■好きな海でできる専門業者を選ぼう

海で散骨をすること自体は、法律で禁止されていることではありません。

しかし、自治体で散骨を行うためのルールが定められていることがありますので、家族が勝手に海で散骨をするのは望ましいことではないです。

海洋散骨を行うのであれば、九州の海について知り尽くしている専門業者を選んだほうが間違いありません。

専門業者を選ぶためのポイントについて解説いたします。

・料金が明瞭なところにする

専門業者は九州でも各地に存在しますので、そこで申し込みを行えば良いですが、料金体系が明瞭なところを選ぶようにしてください。

ざっくりまとめて○○万円という形でなく、明細を出してもらってどういう項目に何万円がかかるという形のほうが納得しやすいです。

後は、料金の中に何が含まれていて、何が含まれていないのかを確認する必要があります。 海洋散骨の相場は、どういう形で散骨をするのかにより異なります。

業者に委託して散骨をする場合が一番安く、5万円程度で行えます。

ほかの家族と合同で散骨を行う場合は10万円程度で、一つの家族が単独で散骨を行う場合は20万円から30万円程度です。

・希望する海で散骨ができるのかチェックする

専門業者とはいえども、どの海に対応しているのかどうかが異なりますので、希望する海できちんと散骨ができるのかをしっかりと調べてみるべきです。

特に故人に思い出がある海で散骨がしたいという場合には、特にチェックしてください。

海で散骨を行う際のルールがありますので、それに熟知した業者に依頼をした方が間違いありません。

・粉骨代が別途徴収されるのかチェックする

海洋散骨を行う際には、遺骨のまま海に撒くわけにはいきませんので、大抵の場合は粉骨を行うことになります。

粉骨は業者が行いますが、そのときの料金があらかじめどうなっているのかを確認した方がトラブルにならずに済みます。

大抵の場合は通常のプランに加味されていますが、まれに別途徴収されるということがありますので、確認を怠らないほうが良いでしょう。


おこつ.netの海洋散骨は安心の明瞭価格

おこつ.netの海洋散骨の特徴は、

1.料金が明瞭、海洋散骨が90,000円(税別)~です。

2.粉骨代も料金に含まれています。

3.全国15の海域からお選びいただけます。

まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の海洋散骨の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■樹木葬は実際に安いの?

一般的に普通の供養に比べて、樹木葬は安いといわれていますが、本当にそうなのでしょうか。

樹木葬が通常のお墓に比べて安く済ませることができる理由や安く済ませることができるポイントについて解説いたします。

 

■樹木葬とは樹木を墓標とする埋葬方法

樹木葬とは、通常の墓石の代わりに樹木を墓標として、その周囲に遺骨を埋葬するということです。

埋葬方法で一般的なのが、骨壺を使わずに遺骨を初めから土に埋葬する方法です。

そのほかにも、骨壺のまま埋葬した後で合祀することや遺骨を粉状にすることもあります。

霊園によって埋葬方法が異なりますので、詳しくは霊園に問い合わせてみると良いでしょう。

樹木葬には、個別型集合型合祀型という3パターンがありますが、一番高いのが1区画に1つのシンボルツリーを選ぶことができる個別型です。

のこりの2つは1本のシンボルツリーをもとに遺骨を埋葬しますが、集合型の場合は埋葬する空間を個別に分けていますので、個別に供養が行えます。

それに対し、合祀型の場合は他の遺骨とともに埋葬されますので、個別に供養を行うことができません。

樹木葬におけるお墓は、1本のシンボルツリーを中心に多数の草花が生えている状態です。

普通のお墓に比べるとより自然を感じることができます。

シンボルツリーになる樹木は、桜やつつじ、クスノキなど周りから見て目立つものになります。

樹木葬がなぜ注目を浴びているのかというと、墓地の後継者問題における家制度に縛られることなく利用することができるため、宗旨・宗派に気を遣う必要がないからです。

家族関係の在り方が変わってきている中で、昔ながらの制度に影響されないというのはメリットに該当します。

 

■樹木葬が通常のお墓よりも安い理由は

樹木葬が九州でも注目を浴びてきている理由の一つに、通常のお墓に比べて安価でできるからです。

普通のお墓を持つのであれば、九州であっても150万円程度はかかるのではないでしょうか。

それに対して、樹木葬の場合は通常のお墓に比べても相当安くなる可能性が高いです。

一番安いタイプで10万円程度からあり、一番高くても100万円程度です。

 

■墓石が必要でない

墓標を建てるためには、通常のお墓であれば墓石が必要になります。

墓石を購入するのであれば、安いものでも少なくとも60万円はかかります。

墓石にお金をかけようと思えば、石の素材を国産にするなどでかけることができますので、高いものであれば100万円以上にもなるはずです。

墓石の購入費用だけでなく、墓地の使用料にあたる永代使用料や永代供養料、墓石の設置費用などを合算すると150万円程度かかります。

それに対して、樹木葬であれば墓石が全く必要ではありませんので、墓石に関する費用が全くかからないことになります。

ただ、墓地の使用料は必要になりますので、その費用だけ負担すれば良いということです。

これだけでもかなり費用が安くなります。

 

■永代供養料の中に戒名料が含まれている

樹木葬は宗旨・宗派に気を遣う必要がないですが、お坊さんへのお布施である戒名料が必要な場合があります。

その場合であっても、永代供養料の中に戒名料があらかじめ含まれていることが多いですので、その分お墓を立てるよりも節約することが可能です。

 

■さらに費用を節約するためには

もっと費用を節約したいと思っている人がいるのではないでしょうか。

費用を節約するための方法が2つありますので、それを紹介していきます。

■合祀型を積極的に選ぶ

個別型と集合型に比べると、合祀型はまとめて扱えますので、管理コストを削減することができます。

一番安いタイプで10万円ぐらいからになっていますので、安いのが良いのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。

■都市部から離れたところを選ぶ

九州地方でも福岡になると地価が高い場合がありますので、それが影響して九州地方の中では墓地の使用料が比較的高いです。

それに比べると、都市部から離れれば離れるほど地価が安くなりますので、墓地の使用料が安くなる傾向にあります。

 


九州で樹木葬するならおこつ.net

九州の大自然で、お眠りになる方が増えてまいりました。

おこつ.netでは、樹木葬を取り扱っております。

安心明瞭価格の459,000円(税別)~。

まずは、お気軽にお問合せ下さいませ。

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の樹木葬の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

―――――――――――――――――――――――――


 

■墓じまいや改葬が増える背景

現在は少子高齢化や核家族化した社会となってきました。

このため、昔のようにお墓参りや供養をするのが難しくなり、当たり前にしてきたお墓を継承することも困難となってきています。

また、進学や就職、転勤など地元から離れて生活する人も多くなり、非定住化も進んでいます。

九州地方でも東京や大阪などの大都市に移住する人が増えてきました。

特に九州の中でも福岡は人口が集中しています。 九州内であれば墓参りも容易に感じられますが、毎年のことになると簡単ではありません。

子どもに負担をかけたくない、子どもが都会に出て行ったなど、墓の継承は悩みです。

また、自分たちも高齢者となれば、体力の心配からいつまでも供養できません。

お墓参りの大切さ先祖を供養したいという気持ちがあるからこそ、そのまま放置せずに、墓じまいや改葬を考える人が増えてきています。

 

■墓じまいとは

墓じまいとは、墓地にあるお墓を僧侶によって魂抜きをしてもらい、納めている遺骨を取り出し、そしてお墓を解体、撤去して石材を処分することです。

この墓じまいをするには、手続きが必要となります。

お墓に埋葬された遺骨を移動する必要があり、そのための手続きをしなくてはいけないのです。

地域によっては遺骨を手元で保管する手元供養や遺骨を粉状にして山や海に撒く散骨の場合は、行政手続きがいらないこともあります。

まず、市役所や町役場に墓じまいや改葬について問い合わせて確認すると良いです。

行政の手続きに必要な書類があります。

遺骨を別の場所に移すときに必要となるのが改葬許可申請書です。

そして、遺骨の移す場所が決まったことを証明する受入証明書も必要です。

このほかにも、現在のお墓の管理者から発行してもらう埋葬証明書、遺骨を新しい移転先のお墓や納骨堂に移しても良いと証明する改葬許可書があります。

市役所や町役場の説明ではわかりにくい点もあるでしょう。

このような場合は、無理をして自分で行わずに専門業者に依頼することを検討します。

 

■お墓を撤去した後の遺骨の行方

現在住んでいる地域にお墓を移したいとする人は、どのような改葬先を選ぶのでしょうか。

もし、お墓の供養や継承に問題がない人は、新たにお墓を建てます。

しかし、管理や維持、継承の問題があれば永代供養をする納骨を選択しましょう。

納骨堂は室内にある場合が多く、家族や個人で遺骨を納めることができます。

維持費や管理費の負担が少ないので人気があります。

このほかにも自然回帰を希望する人に人気なのが自然葬です。

その一つに樹木葬があります。 墓標を樹木として、樹木の周りに遺骨を埋葬するものです。

お墓を作らないという人もいます。 その供養の仕方の一つに散骨があります。

遺骨を粉状にして山や海に撒くものです。 故人が海や山に思い入れがある場合が多いようです。

個人でも散骨はできますが、散骨の方法や場所によって費用がかかります。

また、散骨をする際はトラブルにならないように細心の注意が必要です。

常に故人を偲び、身近に感じたいと願う人が選ぶのが手元供養です。

これは自宅に遺骨や遺灰を保管して供養するものです。

納骨堂やお墓の維持費などかからないので費用を抑えることができます。


樹木葬・海洋散骨の相談ならおこつ.netで

近年、樹木葬・海洋散骨の人気が広がっています。

従来のお墓や納骨堂に比べ、費用が安く手入れがかからないのが大きなメリットです。

おこつ.netでは、樹木葬霊園の見学も承っております。 まずは、お気軽にご連絡くださいませ。

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の樹木葬の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■専門業者に依頼するという選択

墓じまいや改葬をするには、行政の手続きだけでなく石材店も手配しなくてはいけません。

改葬先が決まっていれば良いのですが未定であれば決める必要があります。

散骨を希望する場合でも散骨する場所によっては船やセスナ機をチャーターしなければいけません。

これらのことを個人でするのは大変です。 高齢者であればなおさらです。

その場合は、墓じまいや改葬をトータルでサービスする専門業者が各地域にあるので検討すると良いでしょう。

 

■墓じまいや改葬をすることで心の負担も軽くなる

先祖代々のお墓を受け継げなかったことに罪悪感がある人もいるでしょう。

しかし、お墓参りができずに無縁墓になることを考えれば墓じまいや改葬をすることは決して悪いことではないです。

墓じまいや改葬をすることで心の負担が軽くなるのであれば良いのですが、納得できない場合は結論を急ぐ必要はありません。


全国の墓じまいを対応いたします。

墓じまいは、先祖を想うための大切なものです。

お墓の手入れや管理ができない場合は、墓じまいをご検討いただくことをお勧めいたします。

おこつ.netの墓じまいは、安心明瞭価格 1㎡ 55,000円~。供養のプロがしっかり対応いたします。

まずは、お気軽に資料請求・お問い合わせくださいませ。

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の墓じまいの詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■海洋散骨を望む人はどんな人なのか

昔は、人が亡くなるとお墓に入ることが当たり前でした。

しかし、お墓を継承することに負担を感じる人が多くなり、お墓を持たない、お墓に入らないという供養の仕方を選択するケースが増えてきました。

墓石を墓標としない供養として、樹木葬があります。これは、墓標が樹木になりますが、墓標もなく自然に還りたいと願う人がいます。

そのような人が関心を持つのは海洋散骨です。

海洋散骨を選ぶ人は、生まれ育った地に海が近い場合や海と関わる趣味や仕事をしていた場合が多く、海を愛していた人たちです。

九州は海に囲まれているため特に海に馴染みのある地域になっています。

福岡のような都市でも、すぐそばに海があり身近に感じられます。

九州のような地域に住んでいれば、亡くなった後は大自然の中で眠り、自然に還りたいと願うことでしょう。

そう考えると海洋散骨に決めてしまう理由がわかります。

海洋散骨は、有名人が希望し実際に行っていたり、映画のワンシーンで登場したりと、明るいイメージがあります。

しかし切実な悩みを持つ人もいるのです。

それは経済的な理由で選ぶ人です。

お墓を建てるには多額の費用がかかります。

建てた後も維持や管理が必要となり、継承した子どもに負担がかかってしまうのです。

もし、子どもがいない場合は無縁墓になってしまうおそれがあります。

このような心配がある人にとって、海洋散骨は理想的な供養の仕方でしょう。

■海洋散骨とは何か

海洋散骨とは、簡単にいうと遺灰や遺骨を海に撒く葬送方法です。

墓地以外の埋葬は違法なので、海に散骨するのは問題があるのではないかと不安に感じます。

しかし、個人が節度をもっと行う散骨であれば、違法ではありません。

海洋散骨は、砂場や岩場から散骨する沿岸散骨と船やセスナ機に乗って海上に散骨する海上散骨があります。

■海洋散骨を行うには

海洋散骨を行うには決められたルールがあります。

それは遺骨はそのままの状態で散骨せず、必ず2mm以下の粉末にしてから散骨することです。 散骨をするときには配慮が大切です。

近隣住民や漁業関係者の感情も考慮する必要があります。

たとえば、散骨した場所の近くに海産物の養殖場があれば風評被害などの悪影響を及ぼす可能性があります。

ほとんどの場合、散骨するために許可証や自治体の手続きや届け出などは必要ないのですが、このようなことから、地域によっては条例を設けて規制していることもあるので、確認する必要があるのです。

このようなことに気を付ければ、個人で海洋散骨を行うことは可能ですが、大切なセレモニーでもあるので、業者に依頼するほうが無難でしょう。

迷惑をかけないような場所の選定や船の手配など大変です。

トラブルを回避するためにも、専門業者に依頼するほうが安心できます。

■専門業者の選び方

海洋散骨を希望する人が増えていることから、各地に専門とする業者があります。

後悔しないためにも、各業者のサービス内容や料金が相場と比較して確認することです。

そのためにも数社からの相見積もりを取ることも大切です。

一家族が船をチャーターして海洋散骨をする方法以外にも、専門業者に遺骨を預けて家族の代わりに散骨をしてくれる代行散骨や複数の遺族が船をチャーターし同乗して散骨する合同散骨などがあります。

遺族としては故人の希望に添った供養を行いたいものです。

 


海洋散骨に関するなら何でもおこつ.netにお任せ下さい

おこつ.netは、様々なプランの海洋散骨をご用意しています。

家族の代わりに散骨をする代行散骨は、体のご不自由な方・お忙しい方にお勧めです。

合同散骨は、費用を抑えたいという方に大変ご好評です。

まずは、お気軽におこつ.netへご相談くださいませ。――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の海洋散骨の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■「納骨」っていったい何?どんなことをするの?

葬儀関連のキーワードには、普段あまり知られていないものが少なくありません。

その中でも「納骨」はポピュラーなキーワードとして知られています。

納骨とは亡くなった方の遺体を火葬した遺骨を骨壺に入れたものをお墓や納骨堂に納めることです。

九州地方、特に福岡ではお寺に墓地がなく、隣接する納骨堂に納める場合が多くなっています。

納める場合には、それぞれの宗派に従った納骨式を行うことが多いです。

ただし、仏教以外は明確な定義をされておらず、キリスト教や神道の場合はそれぞれのミサや霊祭の折に行うことが大半となっています。

■「納骨式」はどんな流れで行われるの?

仏教の場合は四十九日の法要をお寺や別の場所で済ませてから墓地、あるいは納骨堂に向かい、行われます。

僧侶が遺骨を納める前と後に読経し、遺族たちが焼香を済ませる流れです。

地域によっては卒塔婆をお墓に置くこともありますが、九州、特に福岡では行われません。

キリスト教の場合はカトリックなら神父、プロテスタントなら牧師が聖書を読む声に合わせて遺骨が納められます。

納めた後、焼香の代わりに献花を行う流れです。

神道の場合は遺骨をお祓いして祭祀をあげ、収め終わったら焼香や献花の代わりに玉ぐしをささげます。

無宗教の形は特に儀式を行う必要はなく、遺骨を納める形です。

どの宗教の式でも、平均的に2時間前後かかるので、仕事や学校がある場合は時間を空けておきましょう。

■式にかかる費用はどれくらい?

式にかかる費用としてはお布施と納骨作業・彫刻台費、供花・供物代、食事代となることが一般的です。

お布施に関しては仏教の場合、お車代という名の交通費を含めて2万円から4万円前後だといいます。

ただし、10万円程度納める風習の家族もいるため、事前に確認してから用意してください。

神道の場合お車代を含め4万円から6万円前後です。

キリスト教の場合はお車代含めて4万円前後が相場となっていますが、遺骨を納める場所によって多少費用が変わります。

納骨作業や彫刻台は墓地の場合石材店に支払う費用です。

平均的に3万円から6万円前後かかります。

墓前に供える供花や供物代は花が2,000円を1対ずつ、お供え物は数千円のお菓子が主流です。

納骨した後食事会をした場合、1人あたり数千円程度かかりますので、合計すると数十万円程度がかかる費用といえるでしょう。

■どんな服装で出席すれば良い?

基本的にはブラックフォーマルで参列したほうが良いでしょう。

男性は黒のスーツに白いシャツ、黒のネクタイが基本です。靴も黒に統一してください。

女性は黒のワンピースなどのブラックフォーマルを身に着けることが一般的です。

薄化粧にして時計や結婚指輪、真珠のネックレスやピアス以外のアクセサリーをしないように心がけてください。

仏式では数珠を持参しましょう。ただし、仏教でいうところの四十九日よりも後に式が行われる場合、略式の喪服で構いません。

■注意するポイントはある?

納骨式に参列する場合は、案内状が来たらすぐに出欠の返事を出しましょう。

遺族は出席を把握することが必要であるため、早めに出欠の返事を出してください。

小学生以下の子どもは、できたら誰かに預けていきましょう。

ただし、祖父や親族でかわいがってもらった人などが亡くなった場合は、生死について教える大事な機会なので、学業に差し障りなければ連れて行ってください。

香典は亡くなった人とどれくらい親しかったかによりますが、5,000円から1万円程度包む場合もあります。

遺族によっては遠慮する場合もあるため、出欠の連絡が来た時点で確認しましょう。

香典を遠慮する場合、供物や供花を用意しても良いか確認し、許可を得て持参してください。

なお、納骨式後の食事会は折り詰め弁当で省略される場合もあります。

持ち帰るときに袋があれば良いですが、なければマイバッグを持参していくと中身が見えなくて良いでしょう。


納骨に関するお悩みはおこつ.net

納骨堂へ納骨することは、お墓を建てることに比べ、費用が掛からず手入れをする必要がありません。

納骨堂に関してのご不明点・ご質問はおこつ.netまで。供養のプロがどんな小さなお悩みもお答えいたします。

またメールでの資料のお送りにも対応しておりますので、お気軽にご請求くださいませ。

 ――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の納骨堂の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■お墓は墓石だけではない

一般的に思うお墓は石材で建てられた墓石でしょう。

しかし、最近では墓石だけでなく、納骨堂や永代供養などがあります。

その中でも今注目されているのが、樹木葬です。

九州のように山や海などの大自然に恵まれた土地に住む人は、自然を愛する人が多いです。

また、最近のエコ意識の高まりから、自然回帰を考える人も多くなりました。

そうしたことから、自分が亡くなった後は、自然に還りたいと願う人が九州に多いのです。

海や山に散骨したいと故人が願っても、残された遺族は手を合わせる場所や墓標がないことは寂しく思います。

このような考えを持つ人が理想とするのが樹木葬です。

■樹木葬とは

樹木葬の墓標は墓石ではなく樹木です。

比較的新しいタイプのお墓で近年人気が高くなり、全国の霊園や寺院にも広まってきています。

そのため、形態も各霊園や寺院によって違いがあります。

墓石の代わりになる樹木をシンボルツリーと呼びます。

各区画に1本ずつシンボルツリーを植えていくタイプや、すでに墓地の公園内や山里に植えられている樹木を墓標としているタイプなどさまざまです。

そして、シンボルツリーの根元や周りに遺骨を納骨します。

納骨方法は一般的なお墓のように各家で個別に埋葬するタイプや他人と一緒に納骨する合祀タイプなどがあります。

納骨するタイミングも、すでに植えてあるシンボルツリーに納骨する、納骨する際に植えるなどあります。

埋葬方法は遺骨をそのまま何も包まずに埋葬する、または自然に還る素材で包む、骨壺に入れるなどいろいろなタイプがあります。

樹木葬は霊園や寺院によっていろいろな内容がありますので、契約するときには確認が必要です。

樹木葬は日本だけでなく、海外でも樹木葬に関心のある人が増えてきており、これからも広まっていくものと考えられます。

■どのような人が樹木葬を選んでいるのか

樹木葬は永代供養が多く、個別に埋葬され一代限りの供養になります。

そのため、いろいろな事情からお墓の継承が困難な人が多く検討しています。

たとえば、子どものいない夫婦や子どもがいても負担をかけたくない場合です。

また最近では結婚をせずに独身の人も多くなりましたので、独身者にも人気のようです。

墓石を建て、維持管理するには費用がかかります。

樹木葬は墓石を建てるよりも低く費用を抑えることができるので、費用をかけたくない人には魅力的です。

■注意したいこと

まだあまり知られておらず歴史も新しい樹木葬は、選ぶ際には注意が必要です。

樹木は墓石と違い自然のものなので、長い年月の間には成長して最初のイメージと違ってくる場合もあります。

樹木の変化を故人が亡くなった月日を感じることができ、故人を偲びたい遺族には良いものです。

また、生きているので枯れてしまうこと、台風などの自然災害で折れてしまう場合もあります。

樹木葬の霊園は交通のアクセスが良い場所もありますが、そうでない場所もあります。

里山の近くの霊園などは、虫や小動物が多いことから、お供え物を置くことができない場合もありますし、消防の関係で線香やロウソクが禁止のこともあります。

このほかにも、埋葬方法によっては後で遺骨を別の場所に移したいとしてもできない場合があります。

歴史が浅く馴染みのない樹木葬なので、事前に親族と話し合い理解をしてもらう必要があります。

そうでないと、後でトラブルとなる心配があります。樹木葬は墓標にこだわりがなく、自然を理解している人であればシンボルツリーが枯れたとしても、それが自然の成り行きとして受け入れることができるでしょう。

そのような考えのある人は、樹木葬も一つの選択肢として考えることをおすすめします。


九州で樹木葬をおこないませんか

おこつ.netは北九州のさくら霊園での樹木葬をご提案いたします。

北九州が一望できる霊園で、四季折々の花々が咲いています。

樹木葬を検討いただいている方は、ぜひ見学に行かれることをお勧めします。

「現地見学会」をご希望の方はお問合せフォームもしくはお電話にてお気軽にお問合せください。

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の樹木葬の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


 

■福岡には人気の海がたくさんある

自然に還ることを意識して、自分の葬儀を進めていく方法もあり、海洋散骨は、海でロマンを感じ、自然と一体化して進めていくことができるのが特徴です。

特定の宗教で決まりごとがない方の場合、自分の個性も考えて、自然に還る海洋散骨を進めることを考える方もたくさんいます。

海にこだわりを持つ方の場合、生まれ育った九州の海に注目する方は多いですし、福岡なら玄界灘に面した博多湾で散骨することもできるのです。

能古島沖で海洋散骨を進めていくこともでき、専門業者のサポートも充実しています。

ご年配の方の場合、自分で船に乗って、故人を想い、海洋散骨を進めていくのが難しい状況の方もいるため、代行海洋散骨のプランを用意する福岡の業者を見つけることをおすすめします。

福岡の海での海洋散骨を検討する方は多いため、いろいろな専門業者を見つけることができ、プランが充実するところもあります。

福岡での海洋散骨に対応する専門業者もたくさんあるため、終活で希望する葬儀を進めていきたいときに、九州の海域にも注目しながら、情報を集めていくことをおすすめします。

■故人が住んでいた街での散骨

九州の島で生まれ育ち、大人になってから都会で生活するようになる方もたくさんいます。

故人が九州の離島で生まれ育っていることを考えて、希望する葬儀で、海洋散骨を検討するご家族の方も多いです。

福岡の業者の中には、合同乗船散骨に対応するところもあり、数組の家族やグループで乗船することができ、船上で乗り合いでの散骨を進めていくことができます。

同時に出発する場合でも、それぞれのグループで散骨することができ、GPSで同一海域は避けてくれるので、船が被る心配はないです。

遺族の代わりに海洋散骨を進めてもらえる代行委託散骨は、家族やグループで一緒に行く場合と比べると、費用を抑えやすくなります。

代行委託散骨は、船が苦手な方も故人の希望する葬儀を進めていくことができますし、散骨後に散骨証明書を届けてもらえます。


九州で海洋散骨するならおこつ.net

九州でも海洋散骨をお選びになる方が年々増えてきました。

おこつ.netでは、博多湾・鹿児島湾・天草灘・沖縄本島・石垣島の5つの場所で海洋散骨を行うことができます。

詳しくは、おこつ.netのホームページをご確認ください。――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の海洋散骨の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――


■遺族に負担をかけない葬儀の形

終活を進める方の中には、遺族に負担をできるだけかけたくない方も多く、海洋散骨でお墓を残さないようにする方もいます。

核家族化や少子化の影響で、子どもにお墓を管理してもらうのが難しい状況の方も多いです。

墓じまいをすることや希望する葬儀を進めていくことができる方法を調べるために、終活セミナーで情報を集めることができます。

子どもが引越しをして、遠方で生活をするケースもあるため、墓参りが難しい状況になることもあります。

海洋散骨なら、お墓を持つ必要がなくなりますし、お墓を管理する手間や維持費がかかりません。

宗教やしきたりが特にない場合、家族に相談をして許可をもらうことで、海洋散骨を進めるなど、自分が希望する形を採れます。

お墓を持つ場合、いろいろなことに費用がかかるため、見積もり結果を見ても、わかりにくいと感じる方もたくさんいます。

海洋散骨は費用を抑えられるだけではなく、見積もり結果もわかりやすく、透明性の高い業者も九州にはたくさんあるのです。

海洋散骨には自然を感じ、解放感を感じる方もいますが、海洋汚染に注意して、ルールをきちんと守る必要があることに注目です。

自然に還せない副葬品を持ち込むことができない点を押さえて、ルールを守った準備が求められます。


海洋散骨をするならおこつ.net

海洋散骨は、海洋汚染や法律違反などトラブルが多いです。

おこつ.netは安全に最新の気を配り、利用者様が安心できる海洋散骨を行っております。

また、おこつ.netは代行散骨など様々なプランをご用意しております。

まずは、おこつ.netのホームページ・資料からご確認ください。 ホームページ・資料についてご不明な点やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください

――――――――――――――――――――――――――

「おこつ.net」の海洋散骨の詳細はこちらから

「おこつ.net」へのお問い合わせ・資料請求はこちらから

――――――――――――――――――――――――――